?
アムハード小西トップ 金物店・建材販売店の方 建築・設計の方 住宅免震システム 会社案内

免震とは?

被害を免れるには

地震による被害を免れるためには、もちろん建物である家が地震に耐えるだけの強さを有していることが必要となりますが、こうした強度を上げる方法が耐震構造という考え方であり、今までの建築では一般的な建物の地震対策として採用されていました。耐震構造に対して、免震構造と制震構造は新しい耐震構造の分類です。耐震・免震・制震構造の違いを、地震エネルギーを吸収する部分の違いにより説明します。

耐震構造

耐震構造は、建物全体(柱、梁、壁)が変形することで地震エネルギーを吸収します。大地震時には、建物が部分的に損傷することで地震エネルギーを吸収することになり、時として大きな変形が発生し、大掛かりな補修が要ることがあります。

制震構造

制震構造は、制震装置に変形を集中させ地震エネルギーを吸収させるもので、地震の力を上階になるにつれて小さくすることができ、変形は低減できます。制震構造には、地震エネルギーの吸収方法・配置形式・取付け部材の形式の違いにより、多くの種類があります。

免震構造

免震構造は、免震装置を設置した層に変形を集中させ、免震装置が地震エネルギーを吸収することで、地震の力を低減させます。建物を支える積層ゴムは、鉛直方向に固く水平方向は柔らかい特性を持つことから、地震動に対して地面と建物を切り離すことができます。
地震が激しく揺れても揺れはそのまま伝わらず、建物はゆっくりと揺れ、地震による建物、設備機器、家具類への被害を少なくします。
アムハード小西(株)では、免震構造を推奨しております。