?
アムハード小西トップ 金物店・建材販売店の方 建築・設計の方 住宅免震システム 会社案内

コンセプト

ジャッキアップ工法

従来の住宅用免震装置は、基礎の上に架台を設け、その間に免震装置を取り付けています。架台としては多くの場合、軽量鉄骨材などで構成されているが、上部の住宅本体の加重だけでは強い風などの影響で免震装置が稼動してしまうので、これを防ぐ為に風揺れ防止用のストッパーなどが機械的に設けられています。

本免震装置は、すべり免震支承と復元装置(ゴム支承)から構成されていますが、これらを下部基礎スラブと上部のコンクリート耐圧版の間に設置します。まず、下部の基礎スラブを打設したのち、免震支承のすべり板とゴム積層装置の取り付け冶具を取り付けておき、セパーレートの役割をするフィルムを挟んで、上のコンクリート板を打設しながら免震装置本体とゴム積層装置を設置します。そして、予め免震支承本体に組み込まれているジャッキアップ装置で上部のコンクリート耐圧板を持ち上げて、免震システムを働かせる仕組みとなっています。

ジャッキアップ工法によって、鉄骨架台の組み立てや搬入の時間がなくなり、上部架台のコンクリートを打設して、すぐに上部建物を建設することが出来て、上部の建物工事中(床仕上げの前に)1日でジャッキアップして装置が働く状態にすることが出来ます。
 又、RC造の建物の場合は床スラブ自体を架台とすることが出来るので、費用面でもかなりお得になります。