?
アムハード小西トップ 金物店・建材販売店の方 建築・設計の方 住宅免震システム 会社案内

コンセプト

フェールセーフティー住宅免震

従来の住宅用免震装置は、基礎と架台の間に免震装置を取り付けています。架台としては多くの場合、軽量鉄骨材などで構成されており、上部の住宅本体の重量だけでは強風時には免震装置が作動してしまうので、これを防ぐ為に風揺れ防止用のストッパーなどが設けられています。
 本免震装置は、すべり支承と復元用積層ゴムから構成されており、これが下部基礎スラブと上部のコンクリート床版の間に配置されています。まず、免震支承のすべり板とゴム積層装置の取り付け冶具を取り付けて、下部の基礎スラブコンクリートを打設します。
 次に、すべり板の上にすべり支承を配置し、その周囲の基礎スラブの上面にセパレート用フィルムを敷いて、上側のコンクリート床板を打設します。そのコンクリートの強度発現後に、すべり支承に組み込まれているスクリュージャッキを回転させることにより、コンクリート床板を持ち上げて、免震層が構成され、免震システムが作動できる仕組みとなっています。従って、上部のコンクリート床版を構築するために型枠が不要であることも大きな特徴です。
 また復元用積層ゴムは、その後から挿入可能となっており、いつでも着脱・交換ができるシステムになっています。

フェールセーフティ住宅免震の特徴

  1. 建物全重量をすべり支承で支持しています。すべり支承の摩擦抵抗力が免震層の降伏耐力を構成し、風に対するストッパー機能と地震時のダンパー機能の両機能を担っています。そのすべり性能により、等価減衰定数でh≒60%~30%程度の極めて高いエネルギー吸収性能を確保しています。
  2. 復元力は重量を支持しない積層ゴム支承に負担させ、重量の小さい住宅でも免震周期Tr=5秒程度且つ変形性能60cm以上という極めて高い免震性能、安全性能を確保しています。
  3. 更に、すべり支承のすべり板上面が周囲のコンクリート基礎版上面と同一面となっており、設計条件を超える過大な地震動入力に対しても安全性が確保されています。
    「フェールセーフ機能付き免震システム」は本免震システムだけの特徴です。
  4. 積層ゴムを建物外周部に配置してねじれ抵抗力を高め、且つ偏心率≒ゼロで免震装置を配置することにより、ねじれ振動を防止しています。
  5. 免震層の上下クリアランスは、50mmを標準とし、建物底部に高性能の断熱層を構成しています。
  6. 復元力用積層ゴムは、建物完成後において着脱可能であり、交換可能となっています。
  7. 下部基礎スラブ、上部コンクリート床版、上部建物と連続して施工可能であり、免震層のジャッキアップ(Screw Up)は任意の時期に行えるので、工期に無駄が生じません。
  8. RC架台では、従来の鉄骨架台では出来なかった基礎断熱工事や高気密施工も、従来の基礎と同じレベルで行うことが出来るので、省エネ住宅の免震構造としては、かなり優位になります。

以上のとおり、本免震システムは、最大地動速度Vmax=100cm/sを超える震度7レベルの極めて厳しい地震動に対しても充分な安全性を確保できる=「大型ビル用の高性能免震構造と同等以上の安全性能を有する」本格的な住宅免震システムとなっています。